夏の紫外線対策|赤ちゃんがアトピーになってしまっても大丈夫
婦人とベビー

赤ちゃんがアトピーになってしまっても大丈夫

夏の紫外線対策

ママと赤ちゃん

紫外線から肌を守る

ふんわりとして柔らかい赤ちゃんの肌は大人の約3分の1程度の厚さしかありません。外的刺激には弱いですから、夏場の厳しい紫外線から守ってあげる必要があります。なるべく強い日差しが直接当たらないように気をつけてあげて、肌が露出している部分には日焼け止めを塗ってあげましょう。肌がデリケートな赤ちゃんだからこそ、紫外線からの影響も大人よりも強く受けてしまいます。日焼けしてやけどのように水ぶくれができたり、皮膚トラブルを起こすこともありますから、しっかりと紫外線をカットしてあげる必要があります。最近は赤ちゃん専用の肌に優しい日焼け止めがたくさんありますから、無添加で使い心地のよいものを選んで塗ってあげましょう。

選ぶ時のポイント

大人と違って赤ちゃんの肌というのはとてもデリケートです。乾燥しやすく外からの刺激に弱いですから、日焼け止め選びも慎重に行う必要があります。まず、肌に刺激になるような成分が配合されていないノンケミカルのものを選びましょう。香料や着色料などの化学物質は肌トラブルの原因になりますから、このようなものが含まれていないものが最適です。また、日焼け止めの使いやすさというのも重要です。伸びが良くないタイプはムラになりやすいですから、塗っていないところが日焼けしてしまう可能性があります。ムラなくきれいに伸びてくれて塗りやすいタイプがおすすめです。普段使いにはSPFやPAがそれほど高くなくても大丈夫ですから、品質的に安心なものを選びましょう。